卒業生のメッセージ

「多くの疾患や看護を学ぶ日々」M.Cさん

毎日同じ手術期の看護をしていますが、内科的疾患をもつ方、人工透析の方、リハビリの方などもおられ、多くの疾患や看護を経験できてやりがいを感じます。
学生の時は、自分の学びや発見を伝える授業が多く、表現力が養われました。テスト勉強や国家試験対策では、一つひとつ理解するまで時間をかけたので、周りとの差を感じて焦ることもありましたが、知識が確実に身に付きました。だから新入生の皆さんも、突き詰めて勉強してください。
卒業後、素敵なナースになって一緒に働きましょう。

「患者さんの感謝の言葉がやりがい」J.Uさん

急性期病棟で緊急入院の受け入れや、術後の患者さんなどに関わる仕事をしています。元気になって退院される姿を見たり、患者さんやご家族から感謝の言葉をいただくと、自分の看護は間違っていなかったと実感できます。
学生時代は仲間や先生と同じ目標に向かって頑張ることができ、心強かったですね。辛いときは友達や家族に支えられ、自分にはこの仕事しかないと言い聞かせて乗り越えました。
入学してくる皆さんも絶対に卒業して看護師という目標に到達してください。

「認定看護師にチャレンジ」F.Jさん

香里ケ丘看護専門学校を卒業後、大阪府三島救命救急センターに勤務し7年が過ぎました。現在、救急認定看護師教育課程に進んでいます。褒められる成績ではありませんでしたが、多くのことを学びました。一番は『仲間の大切さ』です。慣れあいや単なる友人ではなく、共に看護師を目指す仲間という気持ちです。「看護」は一人ではできません。特に、救急医療の現場はチーム力が必要です。学生時代に築いた仲間の大切さを現場で活かしています。是非、香里ヶ丘看護専門学校で学んで一緒に働きましょう。

「大学院 精神看護学分野CNS在籍中」H.Tさん

本校に入学して本当に良かった。私は、卒業後大学に編入し、現在は大学院の看護学研究科精神看護学分野CNS(専門看護師)コースに在籍しています。ケアの科学的根拠を追究して臨床に生かしたいと思いました。
看護学校の3年間は、看護の基礎を学ぶ大切な期間です。学生のうちに学ぶことはたくさんありますが、熱心に温かく見守ってくださる教員や、同じ目標をもつ仲間がいるので乗り越えることができます。卒業後も自分次第でどんどん道が広がります
看護師を目指すみなさん、自分の納得できる道を見出してもらいたいと思います。